AD_pwcスーパーワイド2層目

原発処理水放出、中国は水産物全面禁輸 「非科学的、異常な国」、反日暴挙相次ぐ 政府、週内にも風評対策の支援強化へ

東京電力は24日午後、福島第1原発処理水の海洋放出を始めた。7月には国際原子力機関(IAEA)が「国際的な安全基準に合致している」と放出計画にお墨付きを与えているが、政府は漁業者らへの支援を続け、風評被害対策を徹底する。たまり続ける処理水が放出されれば、差し迫った懸案の一つが解消され、廃炉作業が前進する。一方、中国政府は24日、同日から日本産水産物の輸入を全面的に禁止すると発表した。また中国各地の日本人学校に石や卵を投げつける常軌を逸した「反日行為」も頻発しており、「中国は非科学的、異常な国だ」との国際批判を浴びるのは必至だ。(小峰純)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り88%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。