CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

府民・子供・企業・NPO・専門家・行政 協働で進める「100年の森」づくり 大阪府・共生の森 最終処分場を「生物多様性育む場」に

大阪湾に大きく張り出した埋め立て地の一角に、100㌶にも及ぶ緑濃い森がある。さまざまな草木が生い茂り、野鳥やタヌキなど各種のほ乳類、昆虫、絶滅危惧種の植物や水生生物まで、多種多様の生き物を育むその場所=「共生の森」は、何と元々は大阪府の産業廃棄物処分場であった。

府民・子供・企業・NPO・専門家・行政 協働で進める「100年の森」づくり 大阪府・共生の森 最終処分場を「生物多様性育む場」に_草刈りの様子
草刈りの様子

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り93%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。