CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

未来の科学者へ!カーボンニュートラルへの挑戦~脱炭素の授業と実験で学ぶ科学のチカラ~(12/10)

カーボンニュートラルへの挑戦
カーボンニュートラルへの挑戦

私たちの生活から発生する二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスは、気候変動の原因になっており、豪雨や猛暑のリスクを高めます。そのため、日本を含め世界の120以上の国と地域が、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」の実現を目指しています。九州地区の各国立大学も、それぞれの特色を活かしながら、産業界や自治体と連携してカーボンニュートラルの推進に取り組んでいます。この冬、九州大学、福岡教育大学、九州工業大学の3大学から、脱炭素に関する研究・教育を行っている先生方が登壇し、2050年のカーボンニュートラル社会の実現に向けて、その時代を担う子どもたちへ、実験も交えながら科学の面白さや可能性を伝え、これからの学びを後押しします。
本講座を通して、「いま、わたしたちにできることは何か?」を一緒に考えてみませんか?
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

対象 一般向け、小・中学生向け

◆13:30~ 開会挨拶
◆13:35~ 授業① 『脱炭素化に向けた水素エネルギーの役割と課題』
 九州大学 水素エネルギー国際研究センター 西原 正通 教授
◆14:05~ 授業② 『熱エネルギー技術が地球を救う』
 九州工業大学 工学研究院機械知能工学研究系 矢吹 智英 准教授
◆14:35~ ワークショップ・質疑応答
◆15:05~ 実験『カーボンニュートラルを目指した発電について学ぼう』
 福岡教育大学 教育学部理科教育研究ユニット 伊藤 克治 教授
◆15:55~ 閉会挨拶

イベント詳細

日時

2023-12-10(日)開催/九州大学

13:30~16:00

場所

九州大学医学部 百年講堂 中ホール1・2 〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号

主催

九州大学

定員

先着 70名 参加費無料

お問い合わせ先

担当:社会連携推進室(企画部社会共創課内) Mail:syarenkei@jimu.kyushu-u.ac.jp

参加申し込みフォーム