AD_pwcスーパーワイド2層目

建設汚泥再生品等の利用促進へ 第三者認証で透明性確保

建設汚泥再生品等は、市場に流通している建設資材と同等の品質でも、一般的に産業廃棄物規制の対象物と見なされるため、利用普及がなかなか進まないという問題があった。しかし2020年7月20日付けの環境省通知「建設汚泥処理物等の有価物該当性に関する取扱いについて」によって、一定の要件をクリアした建設汚泥再生品等は、製造された時点で産業廃棄物規制から外れ、一般の建設資材と同様に取り扱うことが可能となった。

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます