AD_pwcスーパーワイド2層目

新春インタビュー/土壌環境施策の現状と今後の展望 環境省水・大気環境局参事官  堀内 洋氏に聞く

土壌汚染対策法は制定から20年、改正法施行から3年半が経過している。おおむね5年ごとの見直し等が行われることから次期改正に向けた動きも少しずつ出始めている。土対法運用における課題等に加え、有機フッ素化合物等の新たな課題も注目を集める中、土壌環境施策は今後、どう変化していくのか。環境省水・大気環境局の堀内洋参事官(土壌・地下水・地盤環境担当)に現状や課題等について話を聞いた。(エコビジネスライター・名古屋悟)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り94%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。