AD_pwcスーパーワイド2層目

全国都市清掃会議専務理事 大熊 洋二 氏に聞く プラスチック、AIなど課題解決に向けた発表目立つ

昨年4月にプラスチック資源循環促進法が施行され、今年からはいよいよプラスチック製容器包装と製品プラスチックの一括回収が本格的にスタートする。また、政府が掲げる2050年カーボンニュートラル実現に向け、廃棄物分野の脱炭素への取り組みも大きな課題となっている。こうした中、第44回全国都市清掃研究・事例発表会が25~27日に佐賀市で開催される。会場での開催は3年ぶりとなるが、今回も自治体、事業者、研究機関などの関係者が一堂に会する発表会として注目される。全都清の大熊洋二専務理事に、発表会の特徴や一般廃棄物行政の課題などについて聞いた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り90%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。