AD_pwcスーパーワイド2層目

2027年蛍光管製造禁止がもたらすもの あかりみらい 代表取締役  越智文雄 氏

■社会機能の非常事態

昨年11月3日に閉幕した「水銀に関する水俣条約締約国会議」で、25年コンパクト蛍光灯から始まり、27年蛍光管の完全製造禁止が決定された。いまだ政府からの通達や事務連絡も発信されず、メディアもこれを取り上げてはいないが、日本にとって非常に重大な事態をもたらす決定である。

2027年蛍光管製造禁止がもたらすもの あかりみらい 代表取締役  越智文雄 氏_

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り95%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。