AD_pwcスーパーワイド2層目

リサイクルビジネスのためのDX講座(12) 「イノベーションとの共存」について 先端技術の積極活用による営業力・現場力・経営力の強化

昨年末来、いわゆる「生成AI」への認知度とその普及が急加速している。試しにフリーソフトで「木くずは産廃ですか?一廃ですか?」という乱暴な設問を投げてみたところ、排出源の業種次第となる旨や品目別の事例紹介、最終的に自治体の確認をとるべきとの補足まで丁寧で正確な説明が即座に示された。先端技術の普及により既存の情報価値は確実に破壊されており、業種を問わず専門性の意味と役割を見直すべき時代が来ている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り87%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。