AD_pwcスーパーワイド2層目

災害リスク高い設備に立入検査 地域との合意形成へ留意点整理

経済産業省は7日、「再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関する検討会」(事務局・経産、農林水産、国土交通および環境の4省)の提言を公表した。安全面や防災面、景観、環境への影響、将来の廃棄等に対する地域の懸念の解消に向け、設備の導入から廃棄に至る事業実施の段階に応じ、必要となる運用のあり方や制度的対応などをまとめたもの。それによると、速やかに対応する行動として、災害リスクが高い設備への優先的な立入検査や、使用済みの太陽光発電設備に関連する法律・制度等の適切な運用、地域との合意形成に向け留意すべきポイントの整理や再生可能エネルギー特別措置法に基づくガイドライン等への位置付けなどを挙げている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り77%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。