CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

エコホーの企業訪問(34)マイクロ波化学 サステナブルな脱炭素社会をマイクロ波で

カーボンニュートラル社会の実現に向けて必須となる産業部門の「電化」。大阪大学発祥のマイクロ波化学(吉野巌代表取締役社長)は、対象物に直接・選択的にエネルギーを伝える電磁波「マイクロ波」がそのキーテクノロジーになると考え、石油化学、医薬品から食品、鉱物まで、各種素材製造への利活用を実現すべく、研究開発および実装に向けたスケールアップを図っている。今回はケミカルリサイクル事業室の亀田孝裕室長を訪ね、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の省エネ技術革新プログラムに採択され2024年の社会実装を目指す「プラスチックの新規ケミカルリサイクル」事業を中心にマイクロ波の可能性について聞いた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り86%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。