AD_pwcスーパーワイド2層目

サーキュラーエコノミー 経産省が制度検討を開始

経済産業省は3月31日に策定した「成長志向型の資源自律経済戦略」の実現に向け、関連制度の検討を今夏に開始する。現在の資源循環に係る政策体系は3Rが前提で、特に静脈産業に焦点を当てた政策が中心であるため、動脈産業と静脈産業が有機的に連携した「動静脈連携」を基本とする「サーキュラーエコノミー(CE)型」政策体系への刷新が必須となっている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り81%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。