CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

生物多様性 「ポスト枠組み」採択が焦点

国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の第2部が7日から、カナダのモントリオールで開幕する。2010年のCOP10で採択された「愛知目標」の後継となる新たな世界目標の「ポスト2020生物多様性枠組み」の採択が焦点。30年までに陸と海の30%以上を健全な生態系として保全する「30 by 30」目標の位置付けや、企業に対する情報公開などの義務付け、新たな基金の設置を含む資源動員、遺伝資源に係る塩基配列情報(DSI)の利益配分などの主要論点について、先進国と途上国等の主張が依然対立しており、交渉の難航が予想される。15日からは閣僚級会合も開催される。会期は19日までの予定で、合意に向け妥協が図られるか交渉の行方が注目される。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り78%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。