AD_pwcスーパーワイド2層目

B100燃料活用へ実証実験開始 大林組、建設現場のCO2削減目指す

大林組は13日、自社施設や一般家庭などから出た廃食用油を回収し、100%バイオディーゼル(B100)燃料に精製して、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の工事における建設機械の燃料に活用する実証実験を行うと発表した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り81%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。