AD_pwcスーパーワイド2層目

産廃と私~弁護士50余年の歩み~ 弁護士 芝田 稔秋 第1期:生誕から司法試験合格まで(4)

横浜で修習生時代を過ごし、いよいよ弁護士に

1.塩子との交際と結婚

私は司法試験に合格したあと、司法修習が始まる前に塩子と結婚した。

塩子は、ふるさと芝から二つ離れた集落「瀬武」の出身で、薩川中学校での同級生であった。まさか塩子と結婚することになろうとは、当時は全然思いもよらなかった。

思い出すのは、私が東京に行くことを知った塩子が、同じ瀬武のクラスメート女子3人の計4名で、1954(昭和29年)1月初め頃、私の送別会を開いてくれたことである。私は大喜びで、塩子の家に出かけてご馳走になった。ヤギの肉がたっぷり入った「ヤギ汁」である。奄美では、「ヤギ汁」は最高のもてなしだ。正月とか古希の祝いとか喜寿の祝いなど特別の祝いのときに、飼っていた豚とかヤギを殺して、祝宴に供するのである。

産廃と私~弁護士50余年の歩み~ 弁護士 芝田 稔秋 第1期:生誕から司法試験合格まで(4) 横浜で修習生時代を過ごし、いよいよ弁護士に_横浜地方裁判所第23期司法修習生合宿(1970年5月27日、筆者は2列目の中央)
横浜地方裁判所第23期司法修習生合宿(1970年5月27日、筆者は2列目の中央)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り85%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。