CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

産業廃棄物と環境を考える全国大会、4年ぶりに東京で開催 循環経済への移行による「新たな成長」の実現

産業廃棄物処理業界は、従来の廃棄物の適正処理から一歩踏み込んで、廃棄物を資源として循環させ持続可能なサーキュラーエコノミーの担い手となることが求められている。また、政府が掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け、廃棄物分野でも脱炭素の取り組みを進めることが大きな課題となっている。そんな中、第19回「産業廃棄物と環境を考える全国大会」(産廃全国大会、主催・産業廃棄物関係3団体)が10日、東京都港区の「グランドニッコー東京 台場」で開催される。全国大会の開催は4年ぶりとなる。

産業廃棄物と環境を考える全国大会、4年ぶりに東京で開催 循環経済への移行による「新たな成長」の実現_4年ぶりとなる産廃全国大会が東京・お台場で開催される
4年ぶりとなる産廃全国大会が東京・お台場で開催される

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り65%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。