AD_pwcスーパーワイド2層目

東証プライム市場に新規上場果たす 大栄環境、上場企業としての社会的責任自覚し期待に応える

大栄環境(大阪府和泉市)は14日、東京証券取引所プライム市場への新規上場を果たした。同社は1979年に創業し、廃棄物の最終処分事業からスタート。その後多くの施設を設置し、収集運搬から中間処理・再資源化および最終処分に至るまでのワンストップサービスを提供するとともに、土壌浄化、施設建設・運営管理など環境に係る幅広い事業を展開してきた。同日は東証で金子文雄社長が記者会見を開き、「上場企業としての社会的責任を自覚し、ステークホルダーからより一層信頼され、広く社会に貢献できる企業となるよう役員はじめ従業員一丸となって努力を重ねていく」と決意表明した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り80%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。