AD_pwcスーパーワイド2層目

土対法20周年シンポ開催 今後の課題など議論

土壌環境センターは16日、「土壌汚染対策法制定20周年記念シンポジウム」を東京都千代田のJA共済ビルでオンライン併用によるハイブリッド方式で開催した(写真)。

開会のあいさつに立った同センターの関口猛会長は、土壌汚染を巡る施策の歴史において、センターが技術や知識の向上等に努め、サポートしてきた役割を強調。シンポジウムで将来の土対法の方向性などの議論を進めてもらうことに期待を寄せた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。