AD_pwcスーパーワイド2層目

プラスチック資源の適正循環を目指して(105) 横浜市初の再生プラスチック原料製造事業〈グーンの取り組み〉

廃棄物の燃料化事業を行うグーン(横浜市)は、使用済みプラスチックからプラスチック再生原料を製造する、材料から材料へのマテリアルリサイクル事業を開始した。再生プラスチック原料製造事業は、横浜市内では初となる。使用済みプラスチックは焼却処分に伴う温室効果ガスの排出、海洋プラスチック問題など地球レベルの課題となっており、わが国でも昨年4月にプラスチック資源循環促進法が施行され、対策が進められている。同社はマテリアルリサイクル開始をきっかけに、プラスチック製造・販売・物流などの事業者と連携し、排出される使用済みプラスチックの「循環の見える化」、「資源循環の形成」を実現し、脱炭素化にも貢献して行く考えだ。。(黒岩修)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り82%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。