AD_pwcスーパーワイド2層目

「持続可能な循環型まちづくりの推進」で掛川市と連携協定 アミタHD、 「おむつリサイクル・ごみ減量推進会議」に参画

アミタホールディングスは静岡県掛川市と、「持続可能な循環型まちづくりの推進に関する協定」を締結した。同協定に基づき、市民・事業者の行動変容や焼却と埋め立てに依存しない地域内での資源循環による、持続可能なまちづくりを目指していく。その一環として、4月に同市が発足した「おむつリサイクル・ごみ減量推進会議」に同社はコーディネーター役として参画する。同社グループが提供する互助共助コミュニティ型の資源回収ステーション「MEGURU STATION」をはじめ、同社が有する知見を活用し、持続可能な循環型まちづくりの実現に貢献していく考えだ。

「持続可能な循環型まちづくりの推進」で掛川市と連携協定 アミタHD、 「おむつリサイクル・ごみ減量推進会議」に参画_協定書を手にするアミタHDの末次貴英社長(左)と掛川市の久保田宗市長
協定書を手にするアミタHDの末次貴英社長(左)と掛川市の久保田宗市長

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り85%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。