AD_pwcスーパーワイド2層目

環境省23年度水・土壌環境予算概算要求 浄化槽整備加速化事業を新設

環境省は先月31日、2023年度予算概算要求をまとめた(1面参照)。水・土壌環境関連予算を見ると、浄化槽の整備については循環型社会形成推進交付金で94億100万円と金額を示さない事項要求を行った(前年度86億1300万円)。政府の目標である26年度の汚水処理施設概成に向け、浄化槽整備加速化事業を新設。汚水処理施設の未普及地域を対象に、交付金の交付率をこれまでの3分の1から2分の1に引き上げ、浄化槽整備を加速する。

浄化槽整備についてはこのほか、公共浄化槽の整備を促進するため、交付金の対象となるPFI方式を見直し、BOOとBOT方式を追加する。少人数の高齢世帯等を対象に維持管理負担を軽減する措置も新たに設ける。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り70%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。