AD_pwcスーパーワイド2層目

風力発電 140GW導入で6兆円の経済効果 JWPAが50年の新ビジョン

日本風力発電協会(JWPA、加藤仁代表理事)は5月29日、「ウインドビジョン2023」を発表した。それによると、2050年に日本全体の3分の1の電力を風力発電で供給するために140ギガワットを導入し、国産グリーン水素の供給拡大に向け、さらなる高みを目指すことを提言している。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り89%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。