AD_pwcスーパーワイド2層目

紙やPDFから必要情報をデータ化 三井住友銀とAllganize Japan

三井住友銀行とAllganize Japan(東京都品川区)は11日、温室効果ガス(GHG)の排出量算定におけるデータ収集の支援ソリューション 「Alli for Green」を共同開発し、提供を開始したと発表した。顧客が紙やPDFで受け取る請求書や報告書から、GHG排出量の算定に必要な情報を抽出し、データ化するもの。従来手作業で行っていた請求書情報のデータ化業務を自動化することで、目視による情報確認および転記に伴う工数を大幅に削減できる点が大きな特徴となっている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り75%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。