AD_pwcスーパーワイド2層目

フェノール廃水処理 分解微生物を特定 産総研ら

産業技術総合研究所と鹿児島工業高等専門学校の共同研究チームは13日、酸素のない環境(嫌気)でフェノールを分解処理する詳細なデータを取得し、廃水処理に関わる微生物群を特定したと発表した。さらに、製糖工場などでフェノールを処理する際に障害となっていたバルキング現象の原因となる未知微生物を推定した。有害物質を含む産業廃水を処理する設備の安定管理につながる。廃水処理する過程でメタンを生成させることにもなり、エネルギーを創出する環境調和型の処理プロセスの開発につながることを期待する。

フェノール廃水処理 分解微生物を特定 産総研ら_

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り63%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。