AD_pwcスーパーワイド2層目

洋上風力アセス 環境省の「設計書」に基づき実施 具体的手続きの案を検討会に提示

環境省は13日、洋上風力発電の新たな環境影響評価(環境アセスメント)制度について、具体的な手続きのあり方に関する案を、東京都内で開いた有識者検討会に示した。それによると、再エネ海域利用法に基づき国が区域選定を進める段階で、環境省が環境配慮のための手続きを実施。具体的には、環境アセスメント等の項目や方法などについて、環境省が自治体や経済産業省、住民等からの意見聴取などを経て確定した「設計書」に基づき、事業者が最終段階の環境アセスメントを実施するなどとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り78%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。