AD_pwcスーパーワイド2層目

新焼却施設建設で関東建設工業と契約 シタラ興産

シタラ興産(埼玉県深谷市)は6月30日、2026年夏に完成予定の一廃・産廃焼却施設(通称:レガリア、流動床、日量230トン、発電能力毎時3200キロワット)の建設について、ごみピットと本社兼管理棟の施工を請け負う関東建設工業(群馬県太田市)との間で契約を締結した。

新焼却施設建設で関東建設工業と契約 シタラ興産_契約書を手にするシタラ興産の設楽竜也社長(右)と関東建設工業の高橋明社長
契約書を手にするシタラ興産の設楽竜也社長(右)と関東建設工業の高橋明社長

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り72%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。