AD_pwcスーパーワイド2層目

アルカリ性保持しCO2固定 大成建設、コンクリ練混ぜ時に直接噴霧

大成建設は16日、コンクリート製造工程の練混ぜ時にCO2を直接噴霧しても、コンクリートのアルカリ性を保持しながらCO2を固定できる技術を開発したと発表した。「T-Carbon Mixing」と呼ばれるこの技術は、既存のコンクリート製造プラントに噴霧用のCO2ボンベやノズル等の設備を設置するだけでCO2を固定でき、その量はコンクリート1立方メートル当たり10キログラムに上るとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り68%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。