AD_pwcスーパーワイド2層目

脱炭素の舗装技術を共同開発 清水建設と日本道路

清水建設と日本道路は15日、アスファルト合材にバイオ炭を混合し、排出量を上回る炭素を貯留する脱炭素アスファルト舗装技術の共同開発に着手したと発表した。バイオ炭を混合することで、製造過程でのCO2排出量を実質ゼロにし、CO2の固定量が排出量を上回るカーボンネガティブを実現することを目指す。23年度中に舗装工事に実適用する考え。

アスファルトに混合するバイオ炭
アスファルトに混合するバイオ炭

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます