AD_pwcスーパーワイド2層目

北海道の島牧沖など3区域選定 洋上風力のセントラル方式調査

経済産業省と国土交通省は13日、洋上風力発電の今後の案件形成の初期段階から政府や自治体が関与し、より迅速・効率的な調査等を行う「セントラル方式」の一環として、金属鉱物資源機構(JOGMEC)が2023年度に実施予定の調査対象区域に、北海道の岩宇・南後志地区沖、島牧沖および檜山沖の3区域を選定したと発表した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。