CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

「動静脈連携の構築」など4類型示す 中環審小委が論点整理

中央環境審議会循環型社会部会に設置された「静脈産業の脱炭素型資源循環システム構築に係る小委員会」の第4回会合が11月26日に開かれ、脱炭素型資源循環システム構築に向けた論点整理が行われた。資源循環はさまざまなパターンが考えられるが、脱炭素型資源循環システムのイメージを念頭に置きつつ、現時点での国内における取り組みも踏まえ、適正処理を確保した上で国が特に推進すべき施策として、4つの類型が示された。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り71%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。