CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

富士市 下水処理場にPPA方式太陽光 公募型プロポーザルで募集開始

静岡県富士市は、再生可能エネルギーによる温室効果ガスの削減を加速するため、東部浄化センターに第三者所有モデル(PPA方式)の太陽光発電設備を導入する。このほど、公募型プロポーザルによる事業者の募集を始めた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り88%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。