AD_pwcスーパーワイド2層目

国交省2次補正予算案 エネ危機対応など総額2兆216億円

国土交通省が8日に公表した今年度の第2次補正予算案によると、総額2兆216億円(国費)を計上している。環境関係の主な施策を見ると、エネルギー等の危機に強い経済構造への転換を図るため、「事業用自動車における電動車の集中的導入支援等」に21億2千万円を充て、ハイブリッド自動車や電気自動車、燃料電池自動車の普及等を促進するために、普及段階と車両価格に応じた購入補助等を実施する。また、「こどもエコすまい支援事業」に1500億円を計上、子育て世帯や若者夫婦世帯によるZEHレベルの高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、住宅の省エネ改修等に対する支援を実施する。さらに、「道路施設の省エネルギー化等の推進」に42億円を充て、2050年カーボンニュートラルへの貢献に向け、道路照明のLED化等を実施する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り74%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。