CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

環境図書館 『招かれた天敵 生物多様性が生んだ夢と罠』

『歌うカタツムリ』(毎日出版文化賞)などの著作で筆力に定評ある進化生物学者が、強力な「天敵」としての外来生物の研究史を通して、計り知れない複雑さをはらむ「自然」とそこに介入せずには済まない人間と科学の業を描く。

外来の天敵種は有害生物を制圧する救世主となりうる一方で、ときに最強の侵入者にもなりうる。それでも生物多様性が秘める可能性に魅了された多くの生物研究者たちが、自ら「夢の」天敵種と信じる外来生物を招いてきた。本書が語るのはそうした天敵導入をめぐる知的冒険、成功、そして壊滅的な失敗の歴史だ。

またその歴史は、産業革命の時代からグローバリゼーションの時代まで、時々の社会が奉じてきた自然観の驚くべき変転を映しだす鏡でもある。

著者は、長く信じられてきた「自然のバランス」の実像や生態系メカニズムの今日的な理解へと読者を慎重に導いていく。レイチェル・カーソンの『沈黙の春』に敬意を払いつつ、その自然観をアップデートする書でもある。

終盤では、著者自身が小笠原の父島で経験したある天敵との死闘が語られる。生物多様性の魅惑と生態学の醍醐味が詰まった、渾身の書き下ろし。

09596_1

【著者】千葉 聡

【発行】 ‎ みずす書房

【発売日】 2023314日 単行本 

【定価】3,520円(税別)