AD_pwcスーパーワイド2層目

リチウムイオン電池劣化診断技術を確立 日新電機

日新電機(京都市、松下芳弘社長)は、定置用蓄電池システム(BESS)に用いるリチウムイオン電池の劣化診断技術を開発した。内部の電池の取り外しが不要で(オンサイト)、リアルタイムで運用中のBESSの電池劣化診断が行えるのが特長。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り78%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。