AD_pwcスーパーワイド2層目

新焼却プラント建設 シタラ興産 融資面の手続き終了

シタラ興産は2023年12月25日、26年8月に稼働予定の新焼却プラント「レガリア」(日量230トン)に関するシンジケーション方式契約を締結した。シンジケーションローンは、複数の銀行の連携で融資を受ける資金調達方法。グリーンローンは環境改善効果のある事業に資金使途を限定した調達方法で、総額122億円のうち120億円を群馬銀行、埼玉りそな銀行など計10行が連携して融資する。

新焼却プラント建設 シタラ興産 融資面の手続き終了_

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り71%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。