AD_pwcスーパーワイド2層目

カーボンゼロへの挑戦(49) 先進的CCS事業、日本海側東北や首都圏で実施へ 伊藤忠やINPEX・日本製鉄など対応を加速化 

独立行政法人のエネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が6月13日に発表した「先進的CCS事業(CO2分離回収・輸送・貯留)実施に係る調査」の対象として選定された7事業の中には、「苫小牧」「東新潟」のように貯留地や排出源を特定のエリアに絞って行うものだけでなく、日本海側東北、首都圏、中部圏、関西・瀬戸内海、九州北部~西部沖といった、より広域を対象エリアとして設定した調査案件も含まれる。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。