CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

神戸酒心館 「サステナブルな日本酒」は余韻豊か 官民農連携「持続可能な酒づくり」 3年間の活動報告と次の一手を発表

神戸酒心館(神戸市)は8日、官民農連携で取り組む「神戸山田錦推進研究会」で栽培された酒米(山田錦)から造るサステナブルな日本酒「福寿 純米吟醸 山田錦 環和-KANNA」(2022年度産)を発表した。同時に、「持続可能な社会へ」との共通理念のもと20年に設立した同研究会が3年間の活動報告を行い、次のステップとして目指す方向性等についても言及した。

神戸酒心館 「サステナブルな日本酒」は余韻豊か 官民農連携「持続可能な酒づくり」 3年間の活動報告と次の一手を発表_神戸山田錦推進研究会のメンバー
神戸山田錦推進研究会のメンバー

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り90%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。