AD_pwcスーパーワイド2層目

業界団体と連携しサービス拡充 トライシクル

トライシクル(東京都品川区)は業界団体と連携し、独自の廃棄物処理委託契約電子化サービス「エコドラフトwithクラウドデザイン」の機能拡充を図っている。全国産業資源循環連合会の助言をもとに処分終了証明書様式を作成し、このほど同サービスでリリース。また、全国解体工事業団体連合会と共同作成した「解体工事請負契約書」他2式を、新たに追加した。同社は今後も随時サービスの拡充を進め、廃棄物分野の電子化に貢献していく考えだ。福田隆社長は、「業界のDX推進に向け、使いやすくなるような様式を用意していくが、それに当たっては業界団体からのアドバイスを得て、リーガルチェックを受けより安心して使えるものを提供してく」としている。

業界団体と連携しサービス拡充 トライシクル_エコドラフトwithクラウドデザインの画面
エコドラフトwithクラウドデザインの画面

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り75%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。