AD_pwcスーパーワイド2層目

新春インタビュー 国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 松原 誠氏に聞く 水行政の歴史的転換点 新たなチャレンジ求められる年に

気候変動や人口減少、老朽化施設の増大といったさまざまな課題を抱える下水道事業。2024年4月には水道行政が厚生労働省から国土交通省に移管され、上下水道一体の行政が本格的に始まる。そのかじ取りを担う国土交通省水管理・国土保全局の松原誠下水道部長は、今年を「水行政の歴史的転換点を迎える重要な節目の年」だとし、「流域や水行政全体の高い視座を意識しながら仕事を進めていきたい」と抱負を語った。下水道については、ニーズの多様化を踏まえた新たなチャレンジが求められていると強調した。

新春インタビュー 国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 松原 誠氏に聞く 水行政の歴史的転換点 新たなチャレンジ求められる年に_国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 松原誠氏
国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 松原誠氏

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り94%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。