AD_pwcスーパーワイド2層目

ボトルtoボトルでSS活用 サントリーとENEOS 回収実証開始

サントリー食品インターナショナルとENEOSは、「ボトルtoボトル」水平リサイクルのさらなる推進に向けて、川崎市内6カ所のENEOSサービスステーション(SS)を起点とした、使用済みペットボトルの回収・再資源化の実証実験を4月から開始した。ペットボトル原料の供給者であるENEOSと、ペットボトルの化石由来原料新規使用ゼロを目指すサントリーが協働し、同市の「かわさきプラスチック循環プロジェクト」(かわプラ)に参画しての実証実験となる。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り76%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。