AD_pwcスーパーワイド2層目

約束の県外中間貯蔵と「同等」 関電、使用済み核燃料を仏に輸送

関西電力は12日、高浜原発(福井県)の使用済み核燃料約200トンを2020年代後半にフランスへ輸送する計画を発表した。うち通常の使用済みウラン燃料は約190トン、特殊なプルサーマル発電後の使用済みMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料)は約10トン。国内からの使用済みMOX燃料の搬出は初めて。関電は福井県に対し、今年末までに使用済み核燃料の中間貯蔵施設の県外候補地を示すと約束しており、森望社長は「県外立地と同等の意義がある」との認識を示した。杉本達治知事は「総合的に判断する」と述べた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り85%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。