AD_pwcスーパーワイド2層目

浮体式洋上風力の基礎 量産化へ妥当性を確認 東京ガス

東京ガスは1月26日、浮体式洋上風力の浮体基礎の製造工程における量産化手法の検証のための試験を実施し、量産する妥当性を確認したと発表した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が助成する「グリーンイノベーション(GI)基金事業/洋上風力発電の低コスト化プロジェクト」の一環。15メガワットクラス風車を想定したセミサブ型浮体式基礎の実スケールの模型を製作し、組立拠点での各工程における作業性および品質管理要領を検証した。

浮体式洋上風力の基礎 量産化へ妥当性を確認 東京ガス_

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り53%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。