月刊下水道2024年2月号特集/中小規模下水道管理のヒント

「ヒト・モノ・カネの不足」が深刻化を増すなか、下水道事業は全国的に苦戦を強いられている。なかでも住民や職員数の減少が深刻な中小規模の自治体にあって、処理場や管路など下水道施設をいかに適正かつ持続的に維持管理していくかは、喫緊の課題。これまでも施設の統廃合や汚泥の共同処理など広域化・共同化が進められてきた。しかし事業環境が厳しさを増すなか、持続可能な下水道事業の実現を図っていくには、こうした取り組みをさらに推し広げていく必要がある。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り58%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。