CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

最優秀賞・山陽学園の提案 ごみの削減は「1人の100歩より、100人の1歩」

山陽学園は、瀬戸内海のごみ問題の解決に向けた地歴部の実践活動を発表した。

過去と現在に発生したごみの「回収」と並行して、未来のごみを減らす「啓発」の活動を続けてきた部員たち。しかし、やがて「ごみ問題は自分たちだけの活動では解決しない。1人の100歩ではなく、100人の1歩が重要だ」と気づく。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り73%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。