AD_pwcスーパーワイド2層目

水素エネルギー市場に参入 凸版印刷 製造・運搬の中核部材を量産化

凸版印刷は17日、独自に世界で初めて開発した水素製造部材の生産設備を高知工場(高知県南国市)に導入し、水素エネルギー市場へ参入すると発表した。量産するのは触媒付き電解質膜(CCM)と膜電極接合体(MEA)。水素を製造するための水電解装置や、貯蔵・運搬するための電解槽、燃料電池の中核的な部材となるエネルギー変換デバイスで構成する。同社が大型カラーフィルタの製造で培ってきた大サイズ均一塗工技術と枚葉基板搬送技術などの製造技術で量産化を実現させた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り67%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。