AD_pwcスーパーワイド2層目

核融合エネ燃料サイクルの商用化に向け共同開発へ KFとCNL

京都フュージョニアリング(KF)は6日、カナダ原子力研究所(CNL)と戦略的業務提携を結び、フュージョン(核融合)エネルギーを得る際に核融合炉内に安定・安全に燃料を供給する燃料サイクルシステム技術の成熟度を高める新プロジェクト「UNITY―2」の共同開発に着手した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り77%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。