AD_pwcスーパーワイド2層目

フィデアに炭素会計基盤提供 融資先の排出量算定を支援 日立システムズ

日立システムズは1月29日、荘内銀行と北都銀行を傘下に持つ東北地方の広域地方銀行グループ・フィデアホールディングスに炭素会計プラットフォームサービスを提供し始めたと発表した。東北の金融業界として初めて導入。金融機関は自社の排出量の大部分を占める投融資先企業による温室効果ガス排出量(ファイナンスド・エミッション)の算定を進める必要があり支援を受ける。さらにCO2排出を減らすため投融資先企業へのエンゲージメント(対話)を高め、削減を助けていく考え。

フィデアに炭素会計基盤提供 融資先の排出量算定を支援 日立システムズ_地域金融を中心とした地域脱炭素支援の概要
地域金融を中心とした地域脱炭素支援の概要

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り56%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。