AD_pwcスーパーワイド2層目

中間貯蔵施設、山口県上関町に提案 中国電・関電が共同で、使用済み核燃料 地元要請に回答、西村経産相も歓迎

中国電力は2日、上関原発の建設予定地である山口県上関町に使用済み核燃料の中間貯蔵施設の建設可能性調査を申し入れたと発表した。「単独での建設や運営は難しい」とし、関西電力との共同開発を前提として調査・検討する方針。上関町から地域振興策の要請を受けており、それへの回答として申し入れた。中間貯蔵施設としては、東京電力と日本原子力発電が共同出資する「リサイクル燃料貯蔵(RFS)」の施設が青森県むつ市にあり、上関町にできれば全国で2例目となる。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り90%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。