AD_pwcスーパーワイド2層目

ユアサ木材 森林整備活動で脱炭素に貢献

ユアサ商事のグループ会社のユアサ木材(東京都千代田区、福住勉代表取締役社長)はこのほど、同社が保有管理する北海道阿寒郡(釧路地区)の約26㌶のエリアで、今月から2038年3月までの16年間、省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの利用によるCO2等の排出削減量、適切な森林管理によるCO2等の吸収量を売買可能なクレジットとして国が認証する「J-クレジット制度」の認証を受けた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り73%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。