AD_pwcスーパーワイド2層目

土壌環境ビジネス展望 中小事業者の「さらなる制度の理解促進」「操業中からの対策」に注目

2022年5月に制定20周年を迎えた土壌汚染対策法について、まもなく3回目となる見直しの議論が本格化する見通しだ。こうした中、昨年の取材では行政機関から、課題のキーワードとして中小事業者における「さらなる制度の理解促進」「操業中からの対策」が共通して挙げられた。中小事業者の土壌汚染対策を巡る取り組みは今後の大きな課題の一つであることから、関連する取り組みやそのポイント、現場からの声等をまとめ、紹介する。(エコビジネスライター・名古屋悟)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。