CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

全国都市清掃会議23年度総会 25日、富山市で開催 総会では4年ぶり、自治体廃棄物行政担当者が一堂に会す

全国の地方自治体における廃棄物行政担当者が一堂に会し、清掃事業の課題や国への要望などを議論する全国都市清掃会議の2023年度定時総会が25日、富山市のオークスカナルパークホテル富山で開催される。新型コロナウイルス感染症拡大の影響などで、通常形式での開催は定時総会としては4年ぶりとなる。総会では今年度事業計画や予算について報告するほか、各地区協議会における協議結果などをもとに国への要望事項などを取りまとめる。一般廃棄物行政では、循環型社会形成推進交付金の財源確保が引き続き重要な課題となっている。また、昨年4月に施行されたプラスチック資源循環促進法に基づくプラスチックの一括回収がいよいよ本格化する見込みで、今年も一般廃棄物行政にとって重要な年となりそうだ。

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます